身の回りの自然現象を”茶わん1杯の米”で表してみた

身の回りで起こる色んな現象。

これを米のカロリーで表してみると、とんでもない事実が浮かび上がってきた。

 

まずは、茶碗1杯の米のエネルギーを計算してみる。

お米1合は約150gで、それを炊くと約350gになる。茶碗1杯を0.5合とすると、175g。

米100gあたり168kcalらしいので、

168*1.75=294kcal

1 cal〔カロリー〕= 4.2 J〔ジュール〕

なので、茶椀1杯のエネルギーは、

294*1000*4.2=1234.8kJ

ちなみに、お米1粒のカロリーは、

約294cal=1234.8 J

※茶碗1杯に米が1000粒入っていると仮定

早速ランキングで見ていこう。

ちなみに自然現象のエネルギーは『中部地方の天変地異を考える会』がまとめた資料を参考にした。

 

軽自動車の衝突

一般的な軽自動車(車両重量900㎏)が時速40㎞で壁に衝突した場合、計算すると55556 Jになる。

お茶わん1杯分のエネルギーで換算すると、

55556/1234800=約0.045杯

米45粒くらいのエネルギーとなる。

 

TNT火薬1kg

TNT火薬1㎏が爆発すると、木造の家屋が全壊、鉄筋コンクリートの建物が半壊。周りの建物にも被害が出る。

TNT火薬1kg=1000kcal=4200kJ

4200/1234.8=約3.4杯

米3杯ちょっとのエネルギーで木造家屋は全壊する。

 

東京での電力消費

世界に誇る大都会東京。

この年の消費電力は、

32760百万kWh/年

これをエネルギーの単位Jに換算すると、

32760百万kWh=3.3×10^13Wh=33×10^12=33兆Wh=1188×10^14Ws=1.2×10^17J=1200兆 J

米に換算すると、

1200000000000000/1234800 = 9718173杯

日本の人口1億人が毎日朝昼晩1杯ずつ米を食べると仮定すると、8875年分に相当する。

東京はものすごいお米エネルギーを消費している。

 

雨の日に起こる雷は、人間に落ちれば簡単に命を奪うし、町全体を停電に陥れたりする。

その雷のエネルギーは約15億Jである。

これを米に換算すると、

1500000000/1234800 = 約1215杯

お米1200杯分のエネルギーがあの一瞬で消費されていることになる。

単位時間当たりの消費エネルギーはトップクラスだ。

 

地震

2020年時点で世界最大の地震、『チリ地震』を基準にした。この地震の規模はマグニチュード9.5。

記憶に新しい東北大震災の5.6倍の規模にあたる。

地震エネルギーの計算式
E = 10 4.8+1.5M
(M=マグニチュード)

この式で計算すると、世界最大の地震のエネルギーは、

E=10^(4.8+1.5*9.5)=1.12202*10^19

要するに、

11220200000000000000 J =茶碗9086653710000杯

茶碗9兆杯分以上のエネルギーが発生している。

日本人1億人が朝昼晩1杯ずつ米を食べているとすると、

24894941671日=8238313890年分(82億年分)に相当する。

さすがに、災害の中でもトップクラスの被害を出す地震ともなると、お米パワーも足元にも及ばない。

 

お米の凄さまとめ

地震や大都会東京の消費電力には到底及ばなかったが、TNT火薬くらいなら相手に出来るお米。

こんなもの凄いエネルギーを持ったものを私たちは毎日食べているのだ。

このことを頭に入れて食べていきたい。

 

合わせて読みたい記事