銃弾の速さランキング【拳銃編】

2018年2月22日

人類は誕生した当初は石を使って生活をしていた。そこから、投げて使う槍、弓矢、火縄銃、現代の銃というふう徐々に威力や飛距離が高いものを発明してきた。

その後も、銃弾の威力を上げ、日常生活で携帯しやすくコンパクトな銃である拳銃が完成した。

今回はそんな拳銃用銃弾の速さをランキング形式で紹介しよう。基本的に高速の物体は単位がm/sで語られることが多いが、今回は身近なものと比較しやすいようにkm/h(時速)で表した。拳銃よりも圧倒的に速いライフルについてのランキングはこちら⇒銃弾の速さランキング【ライフル編】

【参考】ジャンボジェット=998km/h、F1最速記録=372.6km/h


16位 .38スペシャル 9mm  939.6km/h

日本警察の拳銃の弾は16位にランクイン。警察が使用している拳銃は殺傷能力が低いというのがこの速度にも表れている。良く言えば警察の優しさ、悪く言えば甘さとも言える。とはいっても、急所に当たれば死んでしまうこともあるのは当然。

実は1898年に開発されてから100年もの間、世界中で最も使用されている銃弾なのだ。

14位 .380ACP 9mm×17 1047.6km/h

ルパン三世が使っている銃として有名なワルサーで使用されている銃弾。※ルパン三世が使用していたのはワルサーP38。この銃も威力が無いことで有名だ。打たれた際に厚手のコートを着ていて大丈夫だったという話もあるほど。ルパン三世は悪い奴にも優しい本物のヒーローだ。

5位 .50AE 1508.4km/h

この銃弾はデザートイーグルという有名なマグナムで使用される銃弾。弾が非常に大きく、速度は無くとも他の弾とは比べ物にならないほど威力が高い。

デザートイーグルと言えば、漫画『ブラックラグーン』でシスターヨランダが金ピカのデザートイーグルを使用していた。

小柄な女性や子供が打つと肩が外れると言われるほど威力が高い。※これは銃の威力を誇張した表現らしい。実を言うと私も韓国でこの銃を撃ってきたが言われている程の威力ではなかった。肩が外れるほどというのは言い過ぎにしても、『ハンドキャノン』と呼ばれるほどには威力が高い。

4位 .30モーゼル 7.62mm×25 1548km/h

1896年にドイツで開発された銃弾。この弾はほとんどがモーゼルC96という銃で使われていた。

この銃は一応拳銃なのだが、グリップの少し前にマガジンを挿入する部分が付いており、スイッチ一つで単発から連射に切り替えることができる。現在のオートマチック拳銃の原形となったと言われている。現在のオートマチックはグリップ部分にマガジンを差し込むのが主流になっており、モーゼルのタイプは廃れてしまった。

3位 .357マグナム  1591.2km/h

1930年代に銃で有名なS&W社やウィンチェスター社が協力して開発した銃弾。大口径の銃で使用することを前提で作られた。コルト・パイソンなどの銃で使用される。以前から使用されていた弾の薬莢(火薬が入っている部分)を拡張し、弾速を非常に速くすることに成功した。

弾速を速くしたのは当時、ギャングや酒の密造業者が着用していたボディーアーマーを打ち抜くため。当時のボディーアーマーは時速1080㎞以上の速度であれば貫通することが分かっていたため開発に至った。

1位 .44マグナム  1612.8km/h

何と、1位と2位を独占したのはS&W社が1955年から販売しているこの.44マグナム弾だった。これだけ昔から使われているにも関わらず、いまでも世界中で一番人気の銃弾だ。

これの理由として、1971年、クリント・イーストウッドの映画『ダーティハリー』でS&W M29とともにカッコよく使われたためだ。やっぱりみんなミーハーなのかも。

適切な銃を使えばアフリカスイギュウも一発で仕留められるほど威力が高いと言われている。⇒最強の動物ランキング

1位 .44オートマグ  1612.8km/h S&W M29

2位の.44マグナムをマシンガンでも使用できるように改良したもの。威力は従来通り、連射が可能になった。

合わせて読みたい記事