世界一広い湖ランキング

日本で一番広い湖は琵琶湖。では世界で一番広いのは?

と聞かれて即答できない人が多そうなので、このランキングを作ってみた。(私も作成するまで知らなかった。)

 

世界には想像もできない程大きな湖が存在している。東京都と同じ大きさの湖ならざらにある。今回はそんな世界で上位に入る湖たちをランキング形式で紹介しよう。ちなみに、日本最大の湖である琵琶湖は面積670 km²で世界では129位の広さ。


5位 ミシガン湖 58,000 km² アメリカ

アメリカ五大湖の中で米国国内のみにあり、カナダとの国境の一部でない唯一の湖である。

ヒューロン湖と海抜が全く同じで、『マキノー海峡』によってつながっている。そのため、ミシガン湖とヒューロン湖(4位)は地質学的に1つの湖ともいえる。

もしこの2つの湖が一つの湖とみなされたら、面積では世界で2番目に大きな湖ということになる。

それでも1位には程遠いのだが。

4位 ヒューロン湖 59,600 km² アメリカ・カナダ


引用元:imgur.com

ヒューロン湖は五大湖のうちの一つであり、五大湖の中ではスペリオル湖の次に大きい。

湖の中にある『マニトゥーリン島』は、淡水湖の中にある最大の島である。この島の面積は2,766km2もあり、東京ディズニーランド(0.465 km²)が6000個近く入るほど大きな島だ。

こんな島が湖にあるなんて実際に見るまで信じられない・・・。

3位 ビクトリア湖 68,800 km² ケニア・ウガンダ・タンザニア


引用元:softkenya.com

ヴィクトリア湖はケニア、ウガンダ、タンザニアに囲まれたアフリカ最大の淡水湖。100万年前からその姿を変えていない古代湖であり、非常に多くの固有種が生息していた。しかし、近年食用で輸入された大型の肉食魚『ナイルパーチ』により固有種の多くが絶滅してしまった。

ヴィクトリア湖は他の巨大湖に比べて水深が浅く、最も深いところで80m程しかない。そのため、湖底が水面に露出した島が数多くみられる。

ヴィクトリア湖は別の意味で最も有名な湖として知られている。実は世界で一番死者数が多い湖なのだ。年間で5000人が死亡しているとされる。これは赤道直下にあるため、水が大量に蒸発して嵐が起きやすいためである。

また、住血吸虫という寄生虫がいるため、絶対に泳いではいけない。

2位 スペリオル湖 82,400 km² 北アメリカ・カナダ


引用元:Rabbit Islamd

スペリオル湖はカナダとアメリカにまたがる広大な湖で五大湖のうちの一つ。淡水の湖としては世界最大。北海道の面積が83,450 km²なので匹敵する広さだ。

スペリオル湖は水難事故が多いことでも有名。標高が高い位置にあり、雨が降って少しでも水かさが増えると下の湖へと湖水が流れ出すためだ。さらに、これだけ広い湖だと見えないほど離れたところで知らないうちに雨が降り、激流が押し寄せてくるということもあり得る。

また、冬のスペリオル湖では非常に珍しい自然現象も見ることができる。この現象は非常に広いことと緯度が高いことが原因で起こる。スペリオル湖が北の方にあり、寒いために場所によっては水面が凍る場所がある。しかし、非常に広いために水面全てが凍るわけではない。そのため、凍っていない場所で強風が吹くと波が起こり水面の氷が押し流されていく。これが湖岸まで到達するとこの現象が起こるのだ。この不思議な現象は見た目から『窓ガラス現象』と呼ばれている。


引用元: Radiant Spirit Gallery

1位 カスピ海 374,000 km² アジア・ヨーロッパ

湖なのに”海”という名前が付くほど広いことで有名なカスピ海が堂々の1位。カスピ海は374,000km2というと日本の国土面積が約378,000km2ほどなのでほぼ同じ広さなのだ!

カスピ海の水は塩分を含んでいて、湖だと知らなければ海だと勘違いしてしまう可能性も。実際にカスピ”海”と名付けた人も海と勘違いして名付けている。琵琶湖でさえも対岸が見えないくらいの広さなのにその500倍も広いなら海と間違っても仕方ない。

実は最近カスピ海を巡って争いが起きている。最近の調査でカスピ海は天然資源が大量に眠っている可能性が高いということが分かってきた。カスピ海が海だった場合、領海や排他的経済水域などの関係で利益が出る国があるのだ。そのため、いつの日か湖ではなく海と認定される日が来るかもしれない。

合わせて読みたい記事