【スーパーファミコン】ドンキーコングシリーズボス難易度ランキングTOP10

スーパーファミコンのドンキーコングシリーズは名作揃いで、何度やっても楽しめる。

コング達もそうだが、このゲームを盛り上げているのは個性豊かなボスキャラ達だ。

何度もやられたボスたちが勢ぞろいしたランキングになった。

こいつらを余裕で倒せるようになりたい気もするが、子供の頃のように集中してやりこむことができなくなっている。

年をとったなあと感じる今日この頃だ。

今回はそんなボスキャラ達をクリアの難しさでランキングしてみた。


10位 きょうふのどくグモ アーリック/クレムウッドのもり

ドンキーコング3

巨大なクモの姿をしたボス。上から垂らした糸でぴょんぴょん跳ねる動きがなんとも気持ち悪い。

ボスの下からタルを当てないといけないため、ディクシー頼りになってしまう。タルを床に置いておけば楽になることに気づけるかどうかで難易度が大きく変わってしまう。

テクニックに自信がある人はディンキー縛りで挑戦してみよう。

9位 ふたたび!キャプテンクルール/ロストワールド

ドンキーコング2

一発の攻撃で倒すことができる最弱の装甲を持ったラスボス。しかし、この一発を当てるために鉄球や毒ガスの球を60発近く避けなければならず、集中力との勝負になる。もし一発を当てそこなってしまうと・・・。

このボスはディクシーだと難易度が格段に下がるのでテクニックに地震がある人はディディー縛りに挑戦しよう。

8位 K3のかいじん ブリーク/ゆきやまK3

ドンキーコング3

とうとう人間が出てきたのかと感慨深いボス。(どう見ても人間には見えないが・・・)

スワンキーのテントで開催されている「こっちにポイポイ」をやっていないと当て方すら分からずにやられてしまう。

球を当てた後も初見殺しの攻撃をしてくるのでなれるまで苦戦する。

7位 ふっかつ!おばけボス・ゾッキー/ダークレム

ドンキーコング2

上から降ってくる卵が非常に避け辛い。

雑魚のゾッキーをまじめに飛び越していると卵を被弾しやすい。真面目な人ほど難易度が上がるボスだ。

色がついたお化けじゃないゾッキーを倒すことでタルが手に入る。こいつだけは真面目に倒そう。

6位 たいけつ!ボス・キングB/クレムランド

スーパードンキーコング2

普通の大きさのジンガー(ハチの敵キャラ)ですらちょっと嫌いなのにそれが巨大化したボス。これだけの巨体なのに、攻撃のあたり判定が針の部分しかないという鬼設定。しかもこの時操作するスコークスの球を吐く攻撃は放物線を描いて落ちて行くのでボスの下の方にある針にとても当てにくい。

あまりにもクリアできなくてボスステージの通路から球を吐き続けた人もいるのでは?

5位 みずうみのばんにん バーボス/パシフィカのたきつぼ

ドンキーコング3

2枚貝の敵キャラ、リラージが巨大化したボス。このボス自体は攻撃してこないのだが、様々な敵キャラを発射して攻撃してくる。

このパターンを覚えれば難易度は格段に下がるが、なにせエンガード(カジキの仲間)のあたり判定が分かりづらく、避けにくい。このボスを初見でクリアできたら自慢していい。

しかし、このボスの弱点である柔らかい部分に当てた時の気持ちよさは他では味わえない。味わったことが無いならぜひやってみよう。おすすめ。

4位 キングクルール/キングクルールのふね

スーパードンキーコング無印

歴代ドンキーコングシリーズ史上最高の初見殺しのボス。攻撃のパターンが非常に多く、最初の方でダメージを受けてコングが1匹になると厳しい戦いになる。

全クリしたと思ったら・・・ここから先は自分でクリアしてみよう。THE END?

3位いかりのかがくしゃ バロンクルール/クレマトアとう

スーパードンキーコング3

最初はボスが後方の背景に移動してしまい、直接攻撃することはできない。コング達の上部が電流によって塞がれて、ジャンプすることができなくなっている。さらに、左右から電流が迫ってくるのでこれをタルで防がないといけない。※実は上部の電流計を見れば左右どちらから電流が来るか分かるのでこれに気づけば難易度は下がる。

この電流を防ぐことができればやっとボスに攻撃することができる。攻撃するにはタルを上部の吸引口に投げ込んで後方のボスに上から当てる。この吸引されてから後方で落下するまでにタイムラグがあり、非常に当てずらい。はずしてしまうとまた同じ攻撃を避けなければならないので忍耐力が重要なボスだ。

何発か当てるとやっとボスが前方にやってきてタルを直せえつ当てられるようになる。本当に忍耐力が重要だ。。。

2位 ふくしゅうのマシン カオス&バロンクルール/カオスのかくれが

スーパードンキーコング3

3位のバロンクルールよりも先に出てくるのだが、こっちの方が難易度が高い。倒し方は背中のマシンにタルを当てるだけなのだが、このあたり判定が厳し過ぎる!これでイライラしていると操作をミスって死亡してしまうことが多い。

しかも、途中から地面が電流で覆われて、両端の足場しか着地ができなくなるのも高難易度の要因だ。さらに、途中からこの相葉も動くことになるという鬼畜な仕様だ。

1位 けっせん!キャプテンクルール/デビルクルール

スーパードンキーコング2

お待ちかねの第一位はドンキーコング2のキャプテンクルール。足場が無くなるなどの余計なギミックは一切なく、単純に攻撃を避けるのが難しい。攻撃パターンも豊富で、全てをノーダメージで避けきるのは至難の技だ。

攻撃の最後には鉄球が入ったタルを打ってくるのでこれを上手く踏んで壊さないとこちらから攻撃ができない。しかも、やっと鉄球でダメージが与えられると思って近づくと勢い余ってクルールにぶつかってしまう。

何回こいつにやられたことか。どれだけ難しいかは実際にやって体験してみてくれ。

 

あわせて読みたい記事