初心者がとりあえず買うべきメンズファッションアイテム10選

メンズファッションは女子のように流行り廃れが激しくなく、定番のアイテムというものが存在している。ファッション初心者はこの定番アイテムを揃えて、これを中心にコーディネートするといい。

もし、自分のファッションを1から見直したいと思った時はこの定番アイテムから揃えて行くといい。

定番アイテムを着た上に、流行りの物を取り入れていくとおしゃれに仕上げることができる。

注意点

どんなアイテムでもサイズ選びだけはきっちり行うこと。初心者がダサく見えてしまう一番の原因はサイズがあっていないこと。

とにかくサイズ選びは慎重に。サイズはMでもブランドによってサイズはまちまちなので必ず試着を行おう。極端な話し、サイズが合っていないとどんなお洒落なアイテムも台無しになってしまう・・・


白シャツ

ファッション初心者の人にとって『白シャツ=サラリーマン』という式が出来上がっているはずだ。しかし、おしゃれ上級者にとっては非常に着回しが効く定番アイテムの一つなのだ。

インナーとしても使えるし、春、夏はこれ1枚でキレイ目ファッションの完成だ。できれば半袖と長袖を1枚ずつ持っておきたいところだが、コストを抑えたいのであれば暑い時期は長袖をまくって着るのもおしゃれ。

どのボトムスにも合わせることができるので速攻で1枚買いに行くべし。

チェックシャツ

チェック柄のシャツもどのボトムスにも合わせられる定番アイテムだ。これも、アキバ系という負のイメージができてしまったため、初心者は敬遠してしまうアイテムの一つだ。

初心者がチェックシャツを選ぶ上で一番問題になるのが着丈だ。特に着丈が重要で、ベルトがちょうど隠れるくらいの長さがベスト。裾を出すことを前提として作られているものを買うといい。

柄はユニクロなどで飾られているマネキンと同じものを選べばまず問題なく着られる。

無地のTシャツ

ファッション素人は何かしらのロゴが入ったTシャツを選びがち。1枚できる分にはロゴが入っていた方がおしゃれになる場合もある。

しかし、無地の方が1枚で着る時も大人な雰囲気を出せるし、インナーとして着る場合は何もロゴが入っていない無地のTシャツの方が使いやすいのだ。

そのため、定番アイテムとしては”無地”を選んだ方が着回しがいい。

グレーのパーカー

グレーのパーカーは、初心者でも気軽に着こなせる万能アイテム。着る人の体形や系統を選ばず、着回しが効く。

例えば、パーカーは、Tシャツの上に羽織ったり、アウターの中に着込んだりと、真夏を除いて常に使用できるコストパフォーマンス抜群のアイテムなのだ。

インナーをチェックシャツにして襟を少し出すのも今風でおしゃれ。

カジュアルなパーカーの中でも、一番どんな色にも合わせやすい「グレー」は一着持っておきたいマストアイテム。

黒のテーラードジャケット

テーラードジャケットは合コンでの必須アイテム。これをを羽織るだけで、かっこよさが普段の3割アップすると言われているほど。もてたいなら1着は持っておくべき。

下もキレイ目なパンツと合わせると少しカッチリし過ぎな印象になってしまう。おしゃれにするのはいいけど、気合入り過ぎはちょっと・・・。という人は「デニム」や「カーゴパンツ」などのカジュアルなパンツと合わせよう。これでキメ過ぎていないキレイめカジュアルスタイルになることができる。

ジーンズ

カジュアルファッションのボトムスは大きく分けて3つの種類がる。チノパン・ジーンズ・ミリタリーパンツの3種類だ。その中でもボトムスの王道中の王道がジーンズだ。

ジーンズはテーラードジャケットでもパーカーでも、このランキングに乗っているものなら何でも合わせることができる懐の深さがありる。

買うときの注意点として、細めの物が今は流行っているが、体型の問題で似合わない人もいるので、体型にあったものを選ぶようにしよう。さらに、色落ちしていない最低でも1本は基本となる色落ちしていない紺を揃えておきましょう。

 

チノパン(黄土色)

チノパンはメンズファッションにおいてもジーンズに次ぐシンプルなアイテムです。

鉄板となるカラーが黄土色のカラーとなります。実際のところ、この色はいろんなコーデと合わせやすい色の1つになるので、意識して持っておくといいでしょう。

新しく購入するなら、ストレートより足首にかけて少し細くなっているシルエット、いわゆるテーパードパンツを選ぶと失敗が少ないかと思われます。

レザージャケット

こだわりがある大人の男を演出したいなら皮ジャンを1着は持っておこう。

皮ジャンはロックバンドやバイク乗りのイメージが強く、着こなしが難しそうに見えるが実は意外と色んなファッションに合わせることができる。

ボトムスはジーンズからかっちりしたスラックスまで全て合わせられる。

ただ、サイズを決める時には皮は伸びるということを頭に入れておこう。なので、店員さんに相談してなるべく小さめの物を買おう。

白、黒のスニーカー

スニーカーは今風なファッションにするためには必須のアイテム。カジュアルファッション=スニーカーという図式が成り立っているといっても過言ではないほど。

持っていないという人はあまりいないと思うが、持ってない人は即買いに行こう!まずは真っ白や真っ黒などの派手な色が入っていないもので、ローカットのものを買おう。

白や黒などのクラシックなデザインのスニーカーは流行に左右されず、なおかつコーデがしやすいというメリットがある。

黒、茶の皮靴

黒か茶のレザーシューズと白のスニーカーがあれば足元はおしゃれさんの仲間入りをしたも同然。

スニーカーよりも多少値段は張るが、安い皮靴は見る人が見ればすぐに分かってしまう。なのである程度値段がするものを買った方がいい。目安としては、15000円~30000円位の物がベスト。デートなどバシッと決めたい時に重宝する。

日頃仕事でスーツを着ているのであれば、革靴は仕事&プライベートのどちらでも使えるので実はとてもコストパフォーマンスが良いアイテムなのだ。

けちらずにいいものを一足買ってみよう!

合わせて読みたい記事